【動画あり】冬の湯の街に大輪7000発 別府クリスマスファンタジア

 「べっぷクリスマスファンタジア2018」(冬の祭典実行委員会など主催)が23日夜、別府湾を望む大分県別府市の的ケ浜公園・スパビーチで始まり、冬の湯の街の夜空を約7千発の花火が華やかに染めた。

 小雨の上がった午後8時、湾上の船から「ジングルベル」などの曲に合わせ、さまざまな大輪が打ち上がった。イベントでクリスマスソングを歌った子どもたちへプレゼントとして25発の花火を打ち上げたのをきっかけに始まり、今年で25回目。平成最後の開催となり、花火の合間には祭典の歴史を紹介するナレーションもあった。

 観客は「きれいね」とうっとり。3年続けて来たという福岡市の60代女性は「冬は特に空気が澄んでいて格別ですね」と話した。24日も午後8時から約7千発が打ち上げられる。

=2018/12/24付 西日本新聞朝刊=

関連記事

PR

PR