【動画あり】ねぼとけさんスッキリ顔 篠栗町・南蔵院

西日本新聞

 巨大な釈迦涅槃(しゃかねはん)像のすすを払う「お身拭(みぬぐ)い」が26日、福岡県篠栗町の南蔵院であり、訪れた信者ら約200人が「ねぼとけさん」の愛称で親しまれる涅槃像を清めた。

【動画】「すす払い」されて気持ちよさそうな釈迦涅槃像

 1995年建立の像は全長41メートル、高さ11メートルで、世界最大のブロンズ製の涅槃像として知られる。お身拭いは毎年12月26日の恒例行事で、厄を払い新年の無病息災などの願いを込める。

 訪れた人たちは長さ5メートルほどの竹ザサで涅槃像のほこりを落とし、約30センチ四方のさらしで汚れを拭き取った。同県中間市から毎年訪れているという森千代子さん(88)は「今年も無事に来られたのは、お釈迦様のおかげでありがたい。来年も来られるよう頑張ります」と話していた。

=2018/12/26付 西日本新聞夕刊=

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ