採用絡み贈収賄 築上町議ら起訴 地検小倉

西日本新聞

 京築広域圏消防本部(福岡県豊前市)の採用を巡る汚職事件で、福岡地検小倉支部は26日、あっせん収賄の罪で同県築上町の町議吉元成一容疑者(62)=地方公務員法違反の罪で起訴=を、贈賄の罪で同県上毛町の会社役員吉元健人容疑者(42)をそれぞれ福岡地裁小倉支部に起訴した。

 起訴状によると、健人被告は9月2日ごろ、築上町内で、息子が消防士採用試験に合格するよう働き掛けてほしいと吉元町議に請託。町議は見返りとして10月9日ごろ、同町内で無利息、無担保の約束で現金100万円を借りたとされる。

 吉元町議は、消防本部を運営する京築広域市町村圏事務組合の消防委員会委員長。捜査関係者によると、吉元町議は借金名目で100万円を要求したが、健人被告は「(当初から)返金されるとは思っていなかった」と供述しているという。

=2018/12/27付 西日本新聞朝刊=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ