熊本城の石垣復活 大天守積み直し完了

西日本新聞

 熊本市は27日、2016年4月の熊本地震で被災した熊本城大天守の石垣の積み直し工事を終え、報道陣に公開した。

 大天守の石垣は約3500個の石材で組まれていたが、地震で791個が崩落したり外側に膨らんだりした。うち120個は破損して使えなくなったため、築城時の江戸時代と同じように、同市の金峰山周辺から安山岩を切り出して加工。クレーンで石材を一つずつつり上げるなどして、7月下旬から約4カ月かけて793個を積み直した。

 市は年明けから小天守の石垣の積み直しに着手。大天守の外観工事完了後の来年10月から、天守閣前広場など一部有料区域の一般公開を始める。小天守を含めた外観工事は21年3月末までに終える予定。

 市熊本城総合事務所の野本達雄副所長は「これからも気を引き締めて工事を進めたい」と話した。

=2018/12/28付 西日本新聞朝刊=

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ