ヤマヨシが「むなかた牛」とコラボ ステーキ味ポテチ、新年から全国発売

西日本新聞

ブランド牛を使った「すすき牧場むなかた牛ステーキ味」ポテトチップス 拡大

ブランド牛を使った「すすき牧場むなかた牛ステーキ味」ポテトチップス

 ポテトチップス「わさビーフ」を看板商品にする山芳製菓(東京)が、福岡県宗像市特産の「むなかた牛」とコラボした新商品を発売した。名称は「すすき牧場むなかた牛ステーキ味」。新年から全国販売する。

 むなかた牛は地元産の米やおからなどで肥育し、あっさりした脂の甘みが特長。知名度アップを目指し、「道の駅むなかた」がビーフ味に定評のある山芳製菓との共同開発を提案した。

 赤身肉を乾燥させてパウダー化する中で、肉の甘みを再現するのが難しかったという。「『モ~1袋食べたい』と感じるおいしさ」と関係者はPRする。

=2018/12/30付 西日本新聞朝刊=