“イノシシ親子”かわいい 日田市・天瀬の藤原さんら手作り

西日本新聞

 日田市天瀬町本城の藤原力さん(73)の自宅前に2019年のえとであるイノシシの置物が飾られ、近所や道行く人を楽しませている。

 中学時代の同級生でつくる「三四会」メンバーの藤原さんと妻テイ子さん(74)、石松寛之さん(74)の3人が、イノシシの親子4体を手作りした。親は体長1メートル、高さ60センチ、子は半分ほどの大きさ。3人で知恵を出し合い、買い物かごと網で作った骨組みに杉の葉を差し込んで胴体を表現し、竹などで顔や手足を作った。来年1月7日まで飾った後は保管し、同地区で毎年秋にある案山子(かかし)まつりで再登場する予定という。

 藤原さん夫婦は「とても良い出来栄え。道行く人が見てくれたり、写真を撮ったりしてくれてうれしい」と話した。

=2018/12/31付 西日本新聞朝刊=

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ