軍艦島に“違反”釣り人 上陸制限の世界遺産 長崎市は対応に苦慮

西日本新聞

 世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」を構成する「軍艦島」として知られる長崎市の端島で、市条例が島内への立ち入りを原則禁止し、見学は一部区域での認可ツアー客などに限定しているにもかかわらず、多くの釣り客が護岸から魚を狙う“違反状態”が続いている。市は長年、瀬渡し船を黙認していた事情もあり、対応に苦慮している。

 市によると、2005年の旧長崎県高島町との合併で、同町所在の軍艦島を市有財産として管理するようになった。無人島になった当初から「上陸禁止」が周知されていたが、市は09年施行の条例で、資産の保存・保護が優先される世界遺産への登録(決定は15年)を見据え、「見学施設」として整備した歩道、広場以外の区域への立ち入り禁止を定めた。

 一方で、島は炭鉱で栄えた時代からメジナやマダイの好釣り場でもある。週末の22日午前、海上からは護岸上や桟橋跡などで釣り客約10人を確認できた。同市内から1隻の瀬渡し船が出ており、船長の男性(58)によると、年末年始など多い日には約30人が利用する日も。1人4千円(往復)で「年間数千人を運んでいる」。22日は海面から約10メートルの高さの護岸に数人が並んで立ち、糸を垂れている場所もあった。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ