いだてん初回PV中止 和水町・金栗四三生家は無事

西日本新聞

 熊本県和水町は、6日に放送が始まるNHK大河ドラマ「いだてん」の主人公の一人、金栗四三(かなくり・しそう=1891~1983)の出身地。町内で予定していた初回放送のパブリックビューイング(PV)は中止になったが、生家に被害はなく関係者は胸をなで下ろした。

 PVは「日本マラソンの父」と呼ばれる金栗ゆかりの自治体などでつくる協議会が企画したが、余震の可能性があり、会場の公民館が避難所に指定されていることから中止を決めた。

 町担当者は「町をPRするいい機会だったが、(震度7を2度観測した)2016年4月の熊本地震の教訓もあるので余震に備えたい」と話した。

 町によると、金栗が13歳まで過ごした生家に被害はなかった。4日に現地を確認した親戚の金栗正光さん(73)は「大河ドラマも始まるので心配だったが、被害がなくて安心した」。生家は11日から「金栗四三生家記念館」として一般公開される。

=2019/01/05付 西日本新聞朝刊=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ