“官兵衛の名刀”手に記念写真人気

西日本新聞 ふくおか都市圏版

「圧切長谷部」の模造品を持って楽しむ女性 拡大

「圧切長谷部」の模造品を持って楽しむ女性

 福岡市博物館で5日、国宝の刀「圧切(へしきり)長谷部」の公開が始まった。来月3日までの公開期間中、福岡城むかし探訪館(同市中央区)で模造品の「圧切長谷部」を手に記念撮影できる特別企画が開かれている。

 この名刀は織田信長が黒田官兵衛に授けたとされる。近年は刀剣を擬人化したゲーム「刀剣乱舞」の影響で、本物のみならず模造品を見に来る女性もいたことから市が初めて企画した。

 刀を手にした北九州市小倉南区の稲田杏さん(17)は「われを忘れて楽しんだ」。埼玉や京都などから訪れた熱心な女性ファンもおり、模造品とはいえ“真剣”なまなざしを送っていた。

=2019/01/06付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ