バスタオル姿で風呂おけをパス 別府流ラグビーW杯PR動画 市HPで公開

西日本新聞

ラグビーと温泉の魅力をPRする動画「NOSIDE」の1シーン 拡大

ラグビーと温泉の魅力をPRする動画「NOSIDE」の1シーン

 9月に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)の公認キャンプ地となっている大分県別府市は、ラグビーと温泉の魅力をPRする動画「NO SIDE」を市ホームページで公開している。

 腰にバスタオルを巻いた若者らがボールに見立てた風呂おけをパスしたり、スクラムを組んだりしながら観光地を駆け回る内容。ラストは芝生のグラウンドで、ニュージーランド代表などが試合前に行う舞踊「ウォー・クライ」をモチーフにしたおもてなしダンスを約100人が披露する。

 基本ルール「ラインアウト」や「オフロード」などのプレーを解説するシーンもあり、ラグビーへの理解が深まるよう工夫した。

 市職員や高校のラグビー部員ら200人以上が参加し、昨年11月に撮影した。温泉と遊園地を融合させた2年前のイベント「湯~園地」に携わった音楽家清川進也さんが総合監修した。

 別府市では、強豪のニュージーランドやオーストラリアの代表など4チームがキャンプを張る予定。市は「温泉という世界最強のアトラクションで、世界最強のラガーマンとファンをおもてなししたい」としている。映像は大会終了まで公開する。

=2019/01/09付 西日本新聞朝刊=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ