2代目女性DJポリス始動 初代と一緒に交通安全呼び掛け

西日本新聞 北九州版

交通安全を呼び掛ける西山優季巡査長(右)と鋸屋千穂巡査長 拡大

交通安全を呼び掛ける西山優季巡査長(右)と鋸屋千穂巡査長

 北九州市内の小中学校などで新学期が始まった8日朝、小倉南署で2人目となる女性DJポリスが活動を開始、小倉南区のJR下曽根駅前で通学中の子どもたちに交通安全を呼び掛けた。

 初代の鋸屋(おがや)千穂巡査長(25)とともにマイクを握ったのは、西山優季巡査長(25)。「左右をよく見て横断してくださいね」などと声を掛けた。

 署によると、昨年の管内の交通事故発生件数は1380件で前年比45件増。2人は交通課に所属。西山巡査長は今後、鋸屋巡査長と協力して交通安全の啓発に努める。

=2019/01/09付 西日本新聞朝刊=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ