復興支援へプレミアム商品券 朝倉市と東峰村 商議所など予約受け付け

西日本新聞

 朝倉商工会議所と朝倉市、東峰村両商工会は11日から、復興支援プレミアム付き商品券の販売予約受け付けを始める。発行総額は朝倉市2億4千万円、東峰村3600万円。2017年7月の九州豪雨で被災した両市村の商工業者らの復興が目的。商品券は両市村外の人も購入でき、「買うことで被災地の応援をお願いしたい」(朝倉商工会議所)と話している。

 九州豪雨では土砂や水が押し寄せて被災した事業所があった。ほとんどは再開したが、同商議所などが市内約560事業所を対象に行った昨年7~9月の豪雨影響アンケートによると、災害から1年以上を経ても46%が売り上げ「減少」と回答。「横ばい」とした38%を上回り、「まだ豪雨の影響は残っている」(同商議所)という。このため豪雨から今回で3度目となる振興券を発行することになった。

 両市村とも商品券1冊(1万2千円分)を1万円で購入でき、2割得する。1人5冊まで。予約はともに1月11日~同31日に受け付け、申し込み多数の場合は抽選。商品券は朝倉市が548事業所で、東峰村は119事業所で2月11日~6月30日の間に使用できる。

 予約方法は両市村で異なり、朝倉市は専用はがき、官製往復はがき、インターネットで受け付け、抽選結果は返信用はがきかメールで通知される。東峰村は専用の往復はがきのみで予約を受け、返信用はがきで抽選結果を知らせる。詳細は朝倉商議所=0946(22)3835▽朝倉市商工会=0946(52)0021▽東峰村商工会=0946(74)2121。

=2019/01/10付 西日本新聞朝刊=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ