工藤会、襲撃市民に見舞金意向 総裁野村被告「道義的責任」

西日本新聞

 特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)が関与したとされる2件の市民襲撃事件を巡り、被害者側から損害賠償請求訴訟を起こされている同会トップの総裁野村悟被告(72)=組織犯罪処罰法違反罪などで起訴=が「道義的責任を感じている」とする陳述書を福岡地裁に提出していたことが分かった。陳述書では、被害者らに見舞金を支払う意向も示している。

 2件の事件は同市で発生。2012年4月に福岡県警の元警部が銃撃されて重傷を負い、14年5月には歯科医師の男性が刺されて重傷を負った。両事件の被害者は、野村被告に民法上の使用者責任があったなどと主張し、野村被告ら幹部を相手取り、それぞれ2968万円と8365万円の損害賠償を求めている。

 野村被告は両事件で起訴されているが、公判は始まっていない。関係者によると、野村被告は昨年10月29日付の陳述書で「両事件のいずれにも関わっておらず、実行犯の使用者でもありません」として法的責任を否定。その上で、「工藤会のかつては上に立った者として道義的な責任は感じていますので被害者に見舞金の支払いを考慮している」と記している。同市の本部事務所を売却して見舞金に充てることも検討しているとみられる。

=2019/01/12付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ