島原城で新春刀剣展 「武将隊」の解説も 神気、神息など13振り

西日本新聞

「神気」の見どころを解説する「松平忠雄公」(左) 拡大

「神気」の見どころを解説する「松平忠雄公」(左)

 武家が正月に甲冑(かっちゅう)や刀に餅を供えた具足開きにちなむ恒例の「新春刀剣展」が島原市の島原城観光復興記念館で開かれている。島原藩主・松平家に伝わった宝刀「神気」(県有形文化財)と「神息」をはじめ13振りを展示。27日まで。

 神気は数振りしか現存しないという鎌倉時代の名匠粟田口国綱(あわたぐちくにつな)の作とされ、神息は800年代に平城天皇の皇子の護身用に作られたと伝わる。いずれも1964年の天守閣復元時、松平家が寄贈した。

 今年は初めて、武将にふんした女性の案内役「島原城七万石武将隊」の解説も登場。神気と神息の切っ先の違い、神気のゆったり寄せる波のような刃文や特徴的な銘の入れ方を「松平忠雄公」が説明し「じっくり味わってくだされ」と話した。19、27日に各日2回行われる。入場には島原城入館券(大人540円、子ども270円)が必要。

=2019/01/15付 西日本新聞朝刊=