漫画やイラストで林業PR 日田・淡窓図書館で作品展 31日まで

西日本新聞

展示された作品を見る子どもら 拡大

展示された作品を見る子どもら

 「漫画で学ぶ森林・林業・木材産業の魅力」をテーマにした作品展が、日田市上城内町の淡窓図書館で開かれている。入場無料。31日まで。

 林業などに興味を持ってもらおうと、林野庁が全国各地の公共図書館と連携して開催している。

 展示しているのは、漫画やイラストで表現した3作品。「人to木」は炭焼きや紙すき職人などをイラストや文章で説明。漫画「お山ん画」は間伐や材木の加工、森の四季や生息する動植物をまとめている。身近な木々と日本人の暮らしを紹介する漫画「リン子の絵日記」は、漆の採取から利用方法までを紹介した「特別編」を同館では展示している。

 各作品は日田材の杉パネルに掲示され、関係本も置いている。作品は同庁のホームページでも見られる。

 原田豊司館長は「林業や木材産業は日田市の基幹産業。作品を通じてより興味を持ってもらい、理解を深めてほしい」と話した。

=2019/01/15付 西日本新聞朝刊=