【それっていくら?】<3>スキル 価値を認める人は必ずいる

西日本新聞

一つ一つ丁寧につまんだ絹やちりめんを組み合わせ、かんざしやアクセサリーが出来上がる 拡大

一つ一つ丁寧につまんだ絹やちりめんを組み合わせ、かんざしやアクセサリーが出来上がる

 小さな正方形の絹を、ピンセットで折り畳みながら造形する伝統工芸「つまみ細工」で表現されたのは、羽ばたく鶴のかんざし。売価4万2千円、材料費5千円。材料の下準備を除いて30時間かかった。「寿(ことほ)ぎ堂」という屋号でつまみ細工を制作する志麻あずせさん(34)=福岡市=は初めて、自分の仕事を時給換算してみた。3万7千円を30時間で割る。〈1233円〉。高い? 安い? 「あ、そのぐらいか…」。自分のアトリエを持つには3倍以上必要なのだが。

 絹は自身で染め、しわをのばして裁断。0・1ミリのずれも許さない。美しくつまむ技術も一朝一夕では身に付かない。形や色合いに生かそうと、美術館や昔の映画で古典美を学ぶ。

 そんな作品も、フリーマーケットでは「原価はそんなにかかっていないでしょ」とよく値切られた。材料費に固執し、技術や労力の付加価値を「ぼったくりだ」と批判する人は、インターネット上で「原価厨(ちゅう)」と呼ばれる。蔑称だが、スキルを軽んじるこうした考え方は根強い。

 ネットだけではない。昨年11月、タレントがつまみ細工に挑戦するテレビ番組が放送された。安い材料費を強調し「楽して稼げる主婦の副業」という印象を与える構成。ハンドメード作家たちは会員制交流サイト(SNS)で反発の声を上げた。「材料だけが原価じゃない」「技術料ってもんを知らないのか」

 ネット検索で最安値情報が分かる時代。モノだけでなく人のスキルも「安く手に入れる」ことに意義が見いだされてしまうのか-。

 志麻さんの結論は「そういう人がいてもいい」。売る、売らないは自分が決める。委託販売をしている店に遠方から足を運んでくれたり、鶴のかんざしを7万円で買うと言ってくれたりする人も現れた。「価値を認めてくれる人は、必ずいますから」

    *   *

 福岡県の最低賃金は時給814円。法定労働時間の1日8時間働けば6512円。同県の漫画家ミカさん(32)=仮名=は、日給に換算すると〈6667円〉になる。

 ウェブ用漫画の隔月連載を2本抱える。24ページとカラー表紙1枚で20万円程度。構成から仕上げまで30日ほどかかる。「原稿料では生活がぎりぎり。漫画家にとっては紙の単行本化の印税がボーナスのようなものなんですけど」。新人の単行本化はウェブで人気が出たものだけ、と編集部から告げられている。

 全国出版協会によると、2017年のコミック推定販売額4330億円は、ピークだった1995年から3割近く減った。しかも単行本では電子版が初めて紙を逆転。その電子版も海賊版サイトや、広告料で稼ぐ無料コンテンツの影響を受け、伸び率は前年を下回った。

 ミカさんは「そもそも、お金を出して漫画を読むという感覚がなくなっている」気がする。編集者からは「(漫画以外の)仕事を手放さないで」と言われる。にじむ業界の不安。「『いつ契約を切られても生きていけるように備えよう』が仲間との合言葉」。1枚50~100円の写真補正の内職が、漫画で食べていくという夢を支える保険だ。

    *   *

 「ヘビの飼い方を教えます」(500円)「元刑事が警察、推理小説の原稿を添削します」(1万円)

 技術や経験を売買するサイト「ココナラ」には、そんな“出品”が200万件以上並ぶ。12年にサービスを開始し、18年9月に利用者は85万人を突破した。

 スキルを個人間で取引し共有する動きは、カーシェアリングや民泊などとともに「シェアリングエコノミー(共有経済)」と呼ばれる。市場は19年の3819億円から、24年には1兆2千億円規模に成長すると野村総合研究所は予測する。

 「スキルシェア」は、ヘビの飼育に詳しい人と飼いたい人をピンポイントで出会わせ、それまで「0円」だった技術に価値を生んだ。ココナラのコンセプトは「スキルのフリーマーケット」だ。

 「わずかでも好きなことが収入になるし、取引もココナラを通せば金銭トラブルが少ない」。サービス開始当初から出品しているユミコさん(42)=同=はパートや主婦業をしながら、小さな商店や個人からの依頼でチラシやウェブ用のイラストを描いてきた。描画、手直し、事務折衝まで含めると時給は〈約300円〉。

 違和感が生まれたのはその「フリマ」の客に、企業が増えてから。「プロに頼むはずの仕事を安く済ませようって魂胆が見え隠れする」。疑念がよぎる。その仕事の相場を下げてしまうのではないか、と。

 もやもやを抱えながらも、ここは腕試しの場だと自分に言い聞かせる。「目標はココナラからの卒業」。自分の腕が高く評価される日を信じて。

=2019/01/10付 西日本新聞朝刊=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ