44トン戦車相手に新成人綱引き 陸自玖珠駐屯地

西日本新聞

陸上自衛隊玖珠駐屯地の成人式で、10式戦車と綱引きをする新成人の隊員たち 拡大

陸上自衛隊玖珠駐屯地の成人式で、10式戦車と綱引きをする新成人の隊員たち

 陸上自衛隊玖珠駐屯地(玖珠町帆足)で16日、成人式があり、新成人の隊員が恒例の戦車との綱引きに挑戦した。

 同駐屯地の新成人は25人。成人式にはこのうち23人が出席し前田健一郎司令から「感謝の気持ちを忘れず、若さを武器に社会にしっかりと貢献してほしい」と激励を受けた後、「新成人としての決意を示す」と綱引きに挑んだ。

 綱引き相手は、昨年までの74式戦車に代わり新型の10式戦車。重量は44トンあり新成人23人だけで綱を引いたが、車体が少し揺れるだけ。先輩隊員らの応援を受け2度、3度と挑戦を続けても動かない。総勢約100人で引いた4度目にようやく5メートルほど動いた。

 新成人隊員の伊沢虎夏(とらかげ)さん(20)は「先輩に手伝ってもらい戦車が動いた時はうれしかった。大人の一員として何事にも全力で取り組みたい」と決意を語った。

=2019/01/17付 西日本新聞朝刊=