客引き禁止地区を決定 熊本市中心部 条例4月施行周知へ

西日本新聞

 熊本市は18日、4月に施行する客引き禁止条例の対象となる規制区域案を市審議会の初会合で示し、了承された。北は県道熊本玉名線を起点とし、市中心部の繁華街である上通や下通のアーケード、シャワー通りを含めた市道紺屋今町第5号線が南限。東西は国道3号と県道熊本高森線に囲まれ、規制区域の総面積は約65万平方メートル。

 21日に大西一史市長に答申され、2月1日までに告示される。

 市は昨年7~10月、客引き被害に関する市民アンケートと実態調査を実施。特に下通アーケードでの迷惑行為が目立つなどの調査結果を基に、エリアを設定した。審議会では、委員から「健軍商店街やJR熊本駅など他のエリアでも実態調査をしてほしい」という意見も上がった。

 市は2月から、ポスターやチラシなどで条例の施行を市民に周知する。施行後は県警OBの指導員6人が午後6時~午前1時に規制区域を巡回し、違反者に指導する。

 条例は客引きや客待ち、勧誘行為を禁じており、違反者に5万円以下の罰金を科す。客引きに関する県警への通報件数は昨年1186件に上り、2016年の約8倍に激増している。

=2019/01/19付 西日本新聞朝刊=

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ