なぜ?架空キャラのユーチューバー人気の理由 ファン200万人超も

西日本新聞

うどんを食べる動画を作るための撮影風景。緑色の部分は全て、編集で別の内容に置き換えられる 拡大

うどんを食べる動画を作るための撮影風景。緑色の部分は全て、編集で別の内容に置き換えられる

バーチャルユーチューバーの「舞鶴よかと」が麺を食べているように仕上げた動画のひとこま

 「バーチャルユーチューバー」をご存じだろうか。動画投稿サイト「ユーチューブ」で、ゲームを紹介し、人気曲を歌い、時に交流するアニメのような架空のキャラクターだ。若い女性をモデルにしたものを中心に現在、約6千体も登場、トップ級はファンが200万人を超える人気ぶり。背景には対人関係に「安心感」を求める現代世相の一端があるようだ。

 1月中旬、福岡市のビルの一室。昨年夏にデビューしたバーチャルユーチューバー「舞鶴よかと」が動画を撮影していた。

 声を担当する女性が緑色のタイツで上半身を覆い、カメラの前でうどんを食べる。顔の前面を覆う緑色の布にうどんが吸い込まれていく。これを現実の人の動きをアニメに活用する「モーションキャプチャー」の技術で「よかと」が食べたように編集、こうした映像を保存して週1回以上、ユーチューブに掲載している。

 女性の服や手先を撮影するのはNG。「よかと」はあくまで架空の存在であり、実在の女性とイメージが混ざってしまうのは許されないのだ。

     ◇

 一連の企画を担うのは、イベント制作会社に勤める西山明宏さん(26)たち。「福岡を元気にしたい」との思いから、「よかと」がラーメンやもつ鍋を紹介する動画を作ってきた。

 バーチャルユーチューバーは現在、約6千体に上り、新参者がすぐに人気を得るのは難しいほど競合している。当初は個人が作る動画が大半だったが、ここ1年ほどで注目度が増し、ゲーム制作会社なども参入。茨城県は公認キャラによるPR動画を配信している。

 ファン層の中心は10~30代前半の男性。視聴者は“新人”の登場に敏感な一方、注目を浴びることなく1回限りの動画配信というキャラも少なくない。

 なぜ架空キャラなのか。制作、視聴者双方からうかがえるのは「安心感」だ。

 実物の人間同士のコミュニケーションでは、容姿や話し方などで好意を抱くこともあれば、時に嫌悪感が生じることもある。架空キャラは現実社会を超越した存在のため、そうしたストレスをあまり感じないで済む効果がある。西山さんは「バーチャルユーチューバーの視聴者への対応は基本的に優しい」と話す。

 一方、制作側にとっても容姿をネットにさらす必要がなく、声役の人が中傷を受ける「炎上リスク」も低い。西南学院大の宮原哲教授(コミュニケーション学)は「空気が読めないと職場や学校で敬遠されがちな社会において、架空の存在を通すと普段とは異なる役割を演じられる」。画面に映るのは、「憧れの自分」であり、評価が得られれば自尊心も満たされる。

     ◇

 「よかと」は継続的に活動し、現在は6千人以上のファンがいる。最初はおしとやかさを強調した口調だったが、すぐに突き抜けるような「元気の良さ」に切り替えた。ファンの声を受けた変更で、いわば視聴者の意見や疑問を参考に少しずつキャラを育てている。

 先月の大みそかから正月にかけては、撮影と同時にインターネットに流す生配信に挑戦した。ピーク時には千人近くが視聴。ファンが書き込んだ内容はすぐに画面上に映し出され、時に「よかと」が反応する双方向性もある。好きな色や食べ物をテーマに、2時間47分盛り上がった。

 「生身の人相手とは異なる言いやすさもあるようです」と西山さん。「落ち込んでいたのを救ってもらった」「まるで太陽のようです」。ファンが思いを吐露してくれるのがうれしい。

 架空の存在をフィルターに、見る側は現実で疲れた心を癒やし、作る側は誰かに役立つことのやりがいを感じているのだ。

=2019/01/20付 西日本新聞朝刊=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ