名曲・午後のオーケストラ バイオリニスト堀米ゆず子さん招く

西日本新聞

■2月23日 アクロス福岡

 九州交響楽団の「第16回名曲・午後のオーケストラ」が2月23日午後2時から、福岡市中央区天神のアクロス福岡シンフォニーホールである。

 1980年にエリザベート王妃国際音楽コンクールで日本人初の優勝を飾って以降、数々の世界的アーティストと共演してきたバイオリニスト堀米ゆず子さんを招き、「偉大な作曲家2人の『ホ短調 作品64』」をテーマにメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲と、チャイコフスキーの交響曲第5番を演奏する。いずれも作曲家晩年に作られた最高峰の名曲。ほかに、ニコライの歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲も演奏される。同楽団の音楽監督・小泉和裕さんが指揮を務める。

 S席6千円、A席5千円、B席と車いす席4千円、学生席1500円。未就学児は入場不可。問い合わせは、九響チケットサービス=092(823)0101(平日午前9時半~午後5時半)。

=2019/01/21付 西日本新聞夕刊=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ