紅白の梅、甘い香り 島原城

西日本新聞

 島原城(島原市)の古野梅苑(65本)の梅が例年より1週間ほど早く花を開き始め、甘い香りを漂わせている。敷地には同梅苑をはじめ梅林が広がり、白梅や紅梅など約300本が冬の観光客を迎えている。

 今年は1月半ばからつぼみがほころび始め、早い木は三分咲きになっている。枝先には花の蜜を吸いに訪れたメジロなどの小鳥の姿も。梅は同市の花。古野梅苑は1987年、島原藩士の子孫で兵庫県西宮市の古野マツヨさんが古里を思って贈った浄財で整備。2月17日には梅まつりも開かれる。

=2019/01/25付 西日本新聞朝刊=

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ