スポーツ選手被害防げ 「透視カメラ」での撮影を規制 福岡県が条例改正案

西日本新聞

 福岡県は、赤外線フィルターなどを使った透視機能付きカメラでの撮影を規制する県迷惑行為防止条例の改正案を県議会2月定例会に提案する方針を固めた。今年7月の施行を目指す。

 透視カメラは、比較的生地が薄い陸上競技のユニホームや水着を透かして撮影することが可能。スポーツ選手らが被害に遭いやすい。赤外線フィルター装着のカメラはインターネットで販売されており、容易に購入ができる。透視カメラの撮影を規制する法律はないため、全国で20を超える都道府県が条例で規制している。

 改正案は、6条「卑わいな行為の禁止」の条項に、透視カメラを使用した映像を見たり、撮影したりする行為を新たに明記する。罰則は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金とする方針。九州では長崎県や熊本県が条例で規制している。

=2019/01/27付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ