「パラゴン」聴きに来て 大型・高音質スピーカーの名品 筑前町の資料館に移設

西日本新聞 ふくおか都市圏版

大型の高級スピーカー「パラゴン」に手を掛け、「聴きにきてほしい」と話す渕上宗重館長 拡大

大型の高級スピーカー「パラゴン」に手を掛け、「聴きにきてほしい」と話す渕上宗重館長

 歴史ある生活用品などを展示する筑前町高田の資料館「太刀洗レトロステーション」に約50年前の珍しいスピーカー「パラゴン」が登場した。パラゴンでジャズを聴かせた朝倉市の喫茶店「古処」が昨年末に閉店し、同店のパラゴンが大分県の個人へ譲渡されたことから、音楽ファンのためレトロステーションの渕上宗重館長(87)が別の場所にあったパラゴンを移設した。渕上館長は「ぜひ聴きにきて」と呼び掛けている。

 渕上館長は、山あいの朝倉市黒川で音と光の製品を展示する資料館「音楽館(おんらくかん)」の館長も務める。館長のコレクションのパラゴンは音楽館に長く置かれてきたが、一昨年7月の九州豪雨によって音楽館も、その途中の道路も被災し、ファンが音楽館へ行きにくくなった。さらに古処が閉店し、パラゴンを気軽に聴けなくなったファンが渕上館長に「身近に聴ける場所をつくって」と要望。音楽館からレトロステーションへの移設を決めた。

 米JBL社製パラゴンは大型で高音質。真空管アンプとのセットは半世紀前でも200万円ほど。渕上館長は「音質はもちろんデザインがいい」と語る。レコードの針を落とすと今も柔らかい響きが広がる。

 レトロステーションは入館有料。喫茶コーナーもあり、希望すればパラゴンの音が聴ける。CDやレコードは備えておらず、客が持参する必要がある。レトロステーション隣には筑前町立大刀洗平和記念館があり、渕上館長は「平和記念館ともども立ち寄ってほしい」と来館を期待する。

=2019/02/14付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ