古湯・熊の川温泉で「はしご酒」 飲んで、歩いて、入浴も 24日にイベント

西日本新聞

昨年のはしご酒 拡大

昨年のはしご酒

 佐賀市の山間部にある古湯・熊の川温泉郷で「はしご酒」を楽しむイベントが24日、開かれる。主催する古湯・熊の川温泉観光コンベンション連盟は「日本酒を飲んで歩きながら、両温泉郷の魅力を感じてほしい」とPRしている。

 イベントでは、はしご酒チケット4枚つづり(おちょこ引換券と入浴券付)を販売。チケット1枚でおちょこ2杯と一品料理を楽しめる。旅館や飲食店など14店がそれぞれ地酒を3種類用意している。

 チケット1冊は前売り3千円、当日3500円。JR佐賀駅バスセンターや佐賀市観光協会などで購入できる。佐賀駅発着の臨時シャトルバスもある。富士町観光案内所(水曜定休)=0952(51)8126。

=2019/02/20付 西日本新聞朝刊=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ