子どものSOSを かき消さないために 「アドボカシー」 制度化の動き 堀正嗣・熊本学園大教授に聞く

西日本新聞

堀正嗣・熊本学園大教授 拡大

堀正嗣・熊本学園大教授

 ●虐待や体罰 意見や希望を聞く それを社会に生かす

 千葉県野田市の小4女児が1月に自宅浴室で死亡し、父母が傷害容疑で逮捕された事件で、女児が発したSOSは教育委員会や児童相談所など大人たちの事情を前にかき消された。弱い立場の子どもの思いや希望をくみ取り、対応を誤らないためにはどうしたらいいか。ヒントの一つに英国やカナダで制度化されているアドボカシー(子どもの権利擁護活動)があり、日本でも導入の試みが始まっている。制度に詳しい熊本学園大の堀正嗣教授に聞いた。

 -事件で女児は、秘密厳守の学校アンケートに「お父さんにぼう力を受けています」と助けを求めた。児相は女児を一時保護したが、後に帰宅を認めた。市教委はアンケートの写しを父親に渡した。いずれも加害者である父親の強い求めを受けてのことだった。

 「もし日本にアドボカシー制度があったら、こんな結果にはならなかったのではないか。女児は勇気を持って声を上げたのに、声の大きな周囲の大人たちにかき消された。知識や地位、親権などを振りかざす大人に比べ、子どもは圧倒的に弱い。大人の論理で物事が動く社会の中で、子どもが『助けて』と言い続けることも難しい。それを補うためにアドボカシーがある」

 「アドボカシーは、日本も批准する国際条約、子どもの権利条約の『意見表明権』を保障するためのもの。その担い手をアドボケイトと呼ぶ。いわば声の小さな子どものマイク役だ。大人の事情や組織の論理は考慮せず、その子がどうしたいかを関係機関に伝えたり、どういうことが話し合われているかを子どもに分かりやすく伝えたりする」

 -大学での授業の傍ら、大阪市の子ども情報研究センターで子どもの権利擁護活動に関わってきた。英国のアドボカシーサービスについて現地調査もした。

 「英国では、児童養護施設で起きた虐待を契機に2002年からアドボカシーが制度化された。第三者的な立場を保つため、行政の委託を受けたNPOなどがアドボカシーセンターを自治体ごとに設置。児童虐待で保護された子どもはアドボカシーを利用するかどうか選べる」

 「アドボケイトの基本姿勢は徹底した傾聴。『私の役割はあなたの声を届けること』『秘密は守るよ』と伝えた上で、子どもがどんな経験をしたか、どんな気持ちか、何を望んでるか、などを聞き出す。子どもがうまく話せないときは、手紙や絵で表現してもらい意見形成を手伝う。里親委託か施設入所か帰宅か、といった子どもの処遇を話し合う場には子どもと一緒に出席して意見表明を支えたり、『その説明では伝わらない。子どもに分かるよう言い直して』と大人たちに要求したりする」

 「自分の意見を尊重されて育った子どもは、子どもの意見を尊重する大人になる。好循環が生まれる」

 -日本では児童虐待相談対応件数が年々増え、2017年度は13万件を超えた。国が同年8月にまとめた「新しい社会的養育ビジョン」にはアドボカシーの必要性も盛り込まれた。

 「女性や障害者の権利は、当事者が声を上げて認められてきた歴史がある。しかし子どもは事実上の無権利状態。日本にもアドボカシーセンターのような第三者機関が必要だ。アドボケイトは一般市民の中から育てる必要がある。元教員や元ケースワーカーなどはあまり向かない。学校や児相のルールを知っているため無意識に子どもを言いくるめてしまう可能性があるからだ」

 「市民団体の主導で制度化に向けた動きが広がっている。大阪や名古屋では、アドボケイト養成講座の修了者が施設などを訪問して子どもの意見を聞く活動が始まっている。福岡市では今月3日、英国やカナダでの実践例に学ぶ講演会が開かれた。私もこれらの関係者と手を携えて必要性を訴えていきたい」

=2019/02/21付 西日本新聞朝刊=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ