歩いて15年“日本一周”達成 糖尿病きっかけ、76歳のアイデア

西日本新聞 ふくおか都市圏版

 篠栗町篠栗の鶴丸幸洋さん(76)が、糖尿病の治療目的で15年前に始めたウオーキングの累積距離が日本一周に相当する約1万2千キロに達し、地域の話題になっている。歩いた距離を、国内各地の道路地図に縮尺に合わせて記入していくユニークな方法で、“日本の海岸線”を踏破した鶴丸さん。「ものすごい達成感を得られた。こつこつと努力を続ければ大きなことを成し遂げられると、あらためて学んだ」と喜んでいる。

 高級スポーツカーのメカニックとして全国を飛び回る生活を続けていた鶴丸さんは、61歳の時、糖尿病と診断され3カ月間入院した。退院後、医師から生活習慣改善の一環としてウオーキングの指導を受け、どうせなら楽しみながら歩こうと、実際に歩いた距離を高速道路のサービスエリアなどで配られている道路地図に落とし込んでいくアイデアを思いついたという。以来、休日には1万歩以上歩き、65歳でリタイアしてからは毎日5千歩ペースを維持してきた。

 距離は一歩当たり60センチで計算し、地図には海岸線に近い主要道に1カ月ごとに印を付けていった。2004年9月から06年8月までの約2年間をかけ、地図上で九州を一周したのを手始めに、四国→中国→中部…と歩き続け、今年1月、最後に残った沖縄一周を完了した。

 かかった日数は、15年4カ月10日(5610日間)。鶴丸さんが日本各地の風景を頭に思い描き、励みにしながら積み重ねた歩行距離は、12294・8キロを記録した。

 肝心の体調の方は、ピーク時から10キロほど減量し、58キロ前後をキープしている。糖尿病の治療そのものは継続しているが、15年来の担当医師は「あなたの元気な顔を見るのが私の楽しみ」と、努力の成果にお墨付きを与えてくれている。「もし歩いていなかったら、今の元気な状態は考えられない。これからも楽しみながら歩き続けます」と鶴丸さん。このほど「日本2周目」をスタートさせた。

=2019/02/22付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ