スクールバス事故を隠蔽か 鹿児島・薩摩川内市のバス会社 市教委に「車庫内で起こした」

西日本新聞

スクールバスが自損事故を起こしたとされる現場。縁石には車が乗り上げた跡があり、奥の電柱にはこすれた傷が残っている 拡大

スクールバスが自損事故を起こしたとされる現場。縁石には車が乗り上げた跡があり、奥の電柱にはこすれた傷が残っている

 鹿児島県薩摩川内市のバス会社「川内観光交通」が、2017年10月にスクールバスが県道で起こした自損事故について、車庫内で起こしたと虚偽とみられる報告を市教育委員会にしていたことが分かった。市教委は、19年度のスクールバス運行会社を決める入札を26日に開く予定だったが、参加企業(4社)の一部から虚偽報告を提起する声が上がり、入札は延期された。

 川内観光交通の元社員によると、事故は17年10月23日午後6時ごろ、薩摩川内市内の県道の右カーブで発生。スクールバスは回送中で、子どもたちは乗っていなかった。バスは縁石に乗り上げ電柱に衝突。左ミラーや左後部の窓ガラスや屋根が破損し、元社員は事故直後に運転手の男性から電話連絡を受け、破損したバスも確認したという。

 元社員はその後、スクールバスについて市教委側と交わした会話で、事故が正確に報告されていないことを知り、同社の安全対策に不信が募り、昨年夏に退社。同8月に情報公開で事故報告書を市教委から入手した。

 報告書では「午後2時ごろ、車庫を出る時に車庫の扉に接触した事故」と記され、運転手の署名押印もあった。元社員は虚偽報告ではないかと指摘したが、市教委は「証拠がない」として調査しなかったという。

 元社員は別のバス会社に就職。26日、この会社も参加した入札の会場で、元社員がバス事故の隠蔽(いんぺい)を問題視した。市教委には、事故ではがれた電柱の表示板や現場に落ちていたガラス片の写真、運転手が県道での事故を認める音声データなどを提出した。

 市教委は「会社の説明を信じていた。疑義の申し出があったので事実を確認したい」として27日、事故があったとされる県道で確認作業を行った。川内観光交通は西日本新聞の取材に「運転手が会社に報告したままを市に報告しただけ。事故を隠したりしていない」と話した。

=2019/02/28付 西日本新聞朝刊=