LINE Payで自動車税 福岡県が全国2例目の導入 4月下旬以降受け付け

西日本新聞

 福岡県は新年度、スマートフォンの無料通信アプリ「LINE(ライン)」の決済サービス「LINE Pay(ラインペイ)」を使って自動車税を納付できるようにする。キャッシュレス化で納税者の利便性を高め、期限内納付率の向上を目指す。同税納付にラインペイを導入するのは神奈川県に次いで全国2例目。

 スマホでアプリをダウンロードした後、銀行やコンビニなどで入金(チャージ)。納税通知書のバーコードを読み込めば、24時間どこにいても納税できる。払える額は5万円未満。新年度分は4月下旬以降に受け付ける。

 県によると、自動車税の期限内納付率は年々上昇しているが、2018年度は80・7%で全国36位。県はほかの県税に関しても順次キャッシュレス決済を取り入れ、民間企業への導入促進も図る方針だ。

=2019/02/28付 西日本新聞朝刊=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ