小林研一郎 フジコ・ヘミング ハンガリー・ブダペスト交響楽団福岡公演

西日本新聞

 5月29日(水)午後7時、福岡市博多区築港本町の福岡サンパレスホテル&ホール。日本とハンガリーが交易を始めて150年を記念した公演。

 小林研一郎氏は欧州の一流オーケストラを多数指揮。情熱的な指揮で「炎のマエストロ」の愛称を持つ。今回は、ブラームスの「ハンガリー舞曲第1番・第4番」、ドボルザークの「交響曲第9番『新世界より』」を披露する。ピアノのソリストに招くフジコ・ヘミング氏は高熱で聴力のほとんどを失いながら活躍を続け「魂のピアニスト」と呼ばれる。モーツァルトの「ピアノ協奏曲第21番ハ長調」とリストの「ラ・カンパネラ」を演奏する。

 SS席1万2千円、S席1万円、A席8千円、B席6千円。テレビ西日本事業部=092(852)5507。

=2019/03/01付 西日本新聞朝刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ