ソメイヨシノ続々ほころぶ 中央区・舞鶴公園 標本木より一足早く

西日本新聞 ふくおか都市圏版

春風に揺れる舞鶴公園のソメイヨシノ=18日午後、福岡市中央区 拡大

春風に揺れる舞鶴公園のソメイヨシノ=18日午後、福岡市中央区

 福岡市中央区城内の舞鶴公園で、桜(ソメイヨシノ)が続々と開花している。18日、市内は最高気温が17・2度と4月上旬並みの暖かさとなり、ほころび始めた薄い桃色の花びらが、園内のあちらこちらで春風にそよいでいた。

 舞鶴公園管理事務所によると、園内には約千本の桜があり、今月下旬から4月初めに掛けて見頃となる見込み。公園内には出店も並び、行楽客や外国人観光客でにぎわっている。23日からは恒例の「福岡城さくらまつり」が始まり、桜などがライトアップされる。

 福岡管区気象台(中央区)の敷地内にある桜の標本木の開花は、この日夕方時点では1輪も確認されていないという。

=2019/03/19付 西日本新聞朝刊=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ