福岡市で一時停電 鳥の巣作り原因か

西日本新聞

 23日午前9時すぎ、福岡市南区と城南区で計約2500戸が停電した。このうち約8割が5分以内に復旧したが、同市南区花畑の約500戸の停電は約1時間半に及んだ。

 九州電力によると、同区花畑の電柱に、鳥が巣作りする際の木の枝が電線に触れて漏電したのが原因とみられる。周辺地域では停電により信号機が作動せず、県警が手信号で通行車を誘導した。

=2019/03/23付 西日本新聞夕刊=