松橋再審無罪確定 「犯行証拠ない」熊本地裁判決 検察上訴せず

西日本新聞

 熊本県松橋(まつばせ)町(現宇城市)で1985年に男性が殺害された松橋事件の再審で熊本地裁は28日、殺人罪などで服役した宮田浩喜さん(85)に、同罪について無罪判決を言い渡した。地裁は有罪の根拠となった自白調書などを証拠採用しておらず、溝国禎久裁判長は「被告が犯人だと示す証拠はない」と述べた。謝罪はしなかった。熊本地検は同日、上訴権を放棄し、無罪判決が確定した。

 認知症を患い、ほぼ寝たきりの状態にある宮田さんは初公判に続いて出廷できなかった。

 判決で溝国裁判長は、自白調書などを採用しなかった理由を説明。自白の信用性を否定し、最高裁で確定した再審開始決定を「数年にわたる弁護側の詳細な主張を踏まえた判断」と指摘した上で、公判で検察側が新たな有罪立証をしなかった点を挙げ「改めて検討したとしても再審請求審と異なる結論は想定できない」とした。

 宮田さんの年齢や体調に配慮し、迅速な判決を求めていた弁護団の意見にも触れ「可能な限り速やかに判決を言い渡すことが最も適当と考えた」と述べた。

 85年に自宅で拳銃を所持したとする銃刀法違反罪などについては懲役1年を言い渡したが、宮田さんが改めて服役することはない。

 捜査段階で宮田さんは「布を小刀の柄に巻き付けて刺し、布は燃やした」と自供した。しかし、再審請求を準備していた弁護団が、検察が開示した証拠から燃やされたはずの布を発見。小刀と傷口が一致しないとする法医学者の鑑定書と合わせ、再審請求審で新証拠として提出した。

 これらを踏まえ、2016年の熊本地裁決定は「重要部分に客観的事実との矛盾が存在する疑義があり、自白の信用性が揺らいだ」として再審開始を認め、確定した。地裁決定でも裁判長を務めた溝国裁判長は、その後の検察側や弁護側との協議で「迅速に審理を終わりたい」と表明。今年2月の初公判で検察は有罪立証を行わず、即日結審していた。

■速やかな手続きを評価

 松橋事件弁護団の声明 事件発生、逮捕から34年、再審請求から7年を要してようやく冤罪が晴らされた。再審公判では、宮田浩喜さんの健康状態を考慮し、速やかに手続きを進めた熊本地裁の判断を高く評価する。

■基本に忠実な捜査徹底

 熊本地検の江口昌英次席検事の話 殺人について有罪の新たな主張・立証は行わないこととし、裁判所に適切な判断を求めており、その点を踏まえて裁判所が判断をしたと考える。今後とも基本に忠実な捜査を徹底していく。

 松橋事件 1985年1月8日、熊本県松橋町(現宇城市)の民家で男性=当時(59)=が死亡しているのが見つかり、将棋仲間だった宮田浩喜さんが「刃物で刺した」と殺害を認めたため同20日に逮捕された。宮田さんは公判途中から「自供の大部分は偽りだった」と否認に転じ無罪を主張したが、熊本地裁は自白に任意性、信用性があると認め懲役13年の判決を言い渡した。90年に最高裁で確定して服役、99年に仮出所。2012年3月、成年後見人の弁護士が再審請求した。熊本地裁、福岡高裁が再審開始を決定。最高裁も支持し18年10月に再審開始が確定した。

=2019/03/29付 西日本新聞朝刊=

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ