福岡市の地下鉄天神駅から新聞社に通勤している

西日本新聞

 福岡市の地下鉄天神駅から新聞社に通勤している。どこから地上に出て、どの角を曲がるか。無数にある行き方で最も多用するのが、福岡ビル(福ビル)の地下から地上に出るルート。商業施設が開店する前の午前9時すぎでもエスカレーターが動いているので、得した気分になるのだ。

 1962年1月29日に開館した福ビル。天神のど真ん中のシンボルは4月6日、2万887日にわたった歴史に幕を閉じる。お別れを前に書いた記事には多くの反応があった。「給料日のランチはロイヤルで」「初めてギターを買った」…。思い出はどれも具体的だった。

 「当たり前」の存在が消える寂しさは、日暮れのように静かに深まる。一方で新しいものは、夜明けのようにあっけなく現れる。新元号も相まって、いつも以上に振れ幅の大きな春。先に振り返ることができるよう「今」をしっかり記録するのも、私たちの役目だと思っている。 (福間慎一)

=2019/04/02付 西日本新聞朝刊=