「安倍・麻生氏忖度し調査」 国交副大臣、発言を撤回 下関北九州道路

西日本新聞 北九州版

 塚田一郎国土交通副大臣(自民党参院議員)は1日夜、北九州市の集会で、同市と山口県下関市を新たに結ぶ「下関北九州道路」(下北道路)を巡り、本年度から事業化に向け国直轄調査に移行する決定をしたことについて「総理とか副総理が言えないので、私が忖度(そんたく)した」と述べた。塚田氏は2日、「発言は事実と異なるため撤回し、謝罪申し上げます」との談話を発表した。

 下北道路がつなぐ下関市と福岡県は、安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相それぞれの地元だけに「安倍・麻生道路」とやゆされてきた。現職副大臣が利益誘導を認めた「忖度」発言は、大きな批判を呼びそうだ。

 塚田氏の発言は1日夜、福岡県知事選の自民推薦候補の応援演説で行われた。塚田氏は時期は明かさなかったが、下北道路の「整備促進を図る参議院議員の会」会長を務める自民の吉田博美参院幹事長、北九州市出身で自民の大家敏志参院議員=福岡県選出=の2人と副大臣室で面会した際、吉田氏から「塚田、分かっているな。これは総理と副総理の地元の事業だよ」と言われたと明かした。その上で、「私は物分かりがいい。すぐ忖度する。分かりましたと(答えた)」と話した。さらに「私は筋金入りの麻生派だ」とも強調した。

 塚田氏は2日発表した談話で発言を謝罪、撤回するとともに「下関北九州道路については今般、国において事業の必要性等を鑑み、直轄調査を実施することとしたところです」と釈明した。

 塚田氏は新潟県生まれ。2000~02年まで麻生氏の秘書を務め、07年に新潟選挙区から参院議員に初当選した。現在は麻生派に所属している。

 下北道路は、08年3月に当時の自公政権が調査中止を決めたが、17年度予算で2100万円を復活させ、地元自治体などによる調査を支援してきた。19年度予算では、国直轄調査費として約4千万円を計上している。

    ◇      ◇

塚田一郎国土交通副大臣の主な発言内容

 塚田一郎国土交通副大臣が1日夜に北九州市であった福岡県知事選の自民党推薦候補の集会で発言した主な内容は次の通り。

     ◇

 麻生太郎衆院議員にお仕えして、はや20年近く。最初の総裁選は大変でした。その時代から、麻生太郎命、一筋でやってきた。筋金入りの麻生派です。

 実は公務で(福岡県に)来ました。福岡空港の民営化の開設式です。私は新潟の自民県連会長もやっているので、50人の同士の応援要請があったが、かわいい弟分の大家敏志参院議員(麻生派)の要請があり、おやじ(麻生氏)の顔が浮かんで足を運びました。麻生派は渡世の義理だけで動いている。ほとんどやせ我慢の団体です。私は夏に参院選があるが、自分の票を削って北九州に参りました。

 国交副大臣なのでちょっとだけ仕事の話を。大家さんが私が逆らえない吉田博美・自民参院幹事長と一緒に「地元の要望がある」と副大臣室に来た。下関北九州道路(の要請)です。これにはいきさつがありまして、11年前に凍結されています。何でか分かります? 「コンクリートから人へ」の流れで、とんでもない内閣があったでしょ(※事実上凍結した2008年当時は自公政権)。総理は悪夢のようだと言ったがその通りです。

 何とかしないといけないと。下関と北九州ですよ。よく考えてください。下関は誰の地盤ですか? 安倍晋三総理です。麻生副総理の地元でもある北九州への道路事業が止まっている。吉田先生が私の顔をみて、「塚田、分かっているな」と。「これは総理の地元と副総理の地元の事業なんだよ」と。「俺が何で来たか分かるか」と。私は物わかりがいい。すぐ忖度(そんたく)します。「分かりました」と。

 そりゃ総理とか副総理はそんなこと言えません。私は忖度しました。この事業を再スタートするには、いったん国で調査を引き取らせてもらいます、と。今回の新年度の予算で国直轄の調査計画に引き上げました。

 別に知事に頼まれたからではありません。大家敏志が言ってきた、そして私が忖度したということですので。

 いろいろ計画があります。トンネルが良いという人がいるが、橋がいいのではないかということで、おそらく橋を架ける形で調査を進めて、できるだけ早く、みなさまのもとに橋が通っていけるように頑張りたい。

=2019/04/03付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ