魚の“顔”鮮やかに大写し 水中写真家・中村征夫さん写真展 壱岐

西日本新聞

 魚の顔の大写しにこだわる水中写真家、中村征夫さん(73)の写真展「海中顔面博覧会」が、壱岐市芦辺町の一支国(いきこく)博物館で開かれている。岩穴から顔をのぞかせる緑の目が印象的なセグメントブレニー。青色のオトメベラの体とオレンジ色のサンゴ。迫力のある写真が鮮やかな色とともに楽しめる。6月16日まで。

 中村さんは50年以上、国内外の海の生物を撮ってきた。東京湾を継続的に撮影することをライフワークにしている。

 今回は沖縄や北海道、パプアニューギニアの海で出合った魚などをとらえた51点を展示。スキューバダイビングで海中を移動しながら「カメラにぶつかるぐらいの距離」で魚と向き合ったという。

 「1回のダイビングで1時間以上潜って、いい写真が1枚撮れれば成功。大写しのユニークな顔を楽しんでほしい」と中村さん。観覧料は一般500円、高校生以下100円。

=2019/04/11付 西日本新聞朝刊=

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ