変わらないのは“歌の力” 田家秀樹氏

西日本新聞

音楽評論家田家秀樹氏 拡大

音楽評論家田家秀樹氏

◆平成と音楽

 平成の30年間ほど音楽シーンが激変した時代はなかっただろう。

 実質的に昭和最後の1988年はアナログ盤がCDに切り替わった年だ。カラオケが普及しディスコブームが来た。それまでアンダーグラウンドだったダンスミュージックが巷(ちまた)を席巻した。その象徴が小室哲哉である。コンピューターを使ったR&Bという温故知新。宇多田ヒカルもそんな流れの中で登場した。

 彼女がデビューした98年と世紀末が騒がれた99年はCDが最も売れた年になった。昭和の時代には数えるほどだったミリオンセラーが当然のようになり、音楽業界が空前のバブルに沸いたのが平成の前半だった。

 ただ、その頃のことをそうした“量的変化”で済ませてはいけない。平成デビュー組のMr.ChildrenやスピッツにGLAY。更(さら)にSMAPの「世界に一つだけの花」。“売れた”曲はどれもヒューマンなテーマを内包していた。ポップスの“質的変化”。槙原敬之が言っていたのは「人生に意味のある歌を書きたい」だった。音楽に何が出来るか。95年の阪神大震災、2011年の東日本大震災、16年の熊本地震、チャリティー活動が定着した。AKB48は被災地に最も多く足を運んだアイドルではないだろうか。

 30年間で変わったこと。デジタルの普及は音楽の作り方と聞き手の音楽体験を変えた。膨大な情報は音楽の新旧やジャンルを消滅させた。米津玄師の才能の開花はインターネットあってこそだ。

 CDから配信という平成後半の流れは、ライブの価値を再認識させた。ドーム公演は日常化している。

 変わらないもの。それは“歌の力”だろう。時代を超えたメロディーと人の心を打つ言葉。吉田拓郎、小田和正、井上陽水、松任谷由実、中島みゆき、浜田省吾、山下達郎、そしてサザンオールスターズ。平成最後の「紅白歌合戦」も実力者たちの格好の舞台となった。

 平成を生き抜いてきた昭和の“若者文化”の担い手たちは、今、新しい“老人文化”という前人未到の扉を開けようとしている。

 小室哲哉と安室奈美恵の引退という思いがけない出来事もありつつ平成は終わろうとしている。

 歌は世に連れる。令和が“歌えない時代”にならないことを願うばかりだ。

    ◇      ◇

 田家 秀樹(たけ・ひでき)音楽評論家 1946年生まれ、千葉県出身。ラジオパーソナリティー、ノンフィクション作家としても活躍。著書は本紙連載をまとめた「ビートルズが教えてくれた」ほか。

=2019/04/14付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ