【北九州市立美術館本館】 描く故に我あり 没後30年 寺田政明

西日本新聞

 北九州市出身の画家・寺田政明(1912~89)を特集する。寺田は戦前の「池袋モンパルナス」における若手芸術家の一人であり、日本におけるシュールレアリスムを代表する画家。本展では、同館コレクションから油彩、素描、版画など約100点を展示する。7月12日(金)まで。5月12日(日)までの前期と同14日(火)からの後期とで一部展示替えを行う。一般300円、高大生200円、小中学生100円。月曜休館(ただし、祝日、振り替え休日の場合は開館、翌火曜休館)。

=2019/04/15付 西日本新聞夕刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ