高島市長の資産2254万円 3期目開始の12月時点 福岡市公開

西日本新聞

 福岡市は18日、政治倫理条例に基づき、高島宗一郎市長の3期目の任期が始まった昨年12月7日時点の資産報告書を公開した。不動産と預貯金を合わせた本人の資産は計2254万円で4年前より110万円減少した。

 報告書によると、不動産は、4年前と同じ西区西の丘の一戸建てと中央区平尾のマンション2部屋で、土地・建物の課税標準額は計1719万円。預貯金は535万円で4年前より89万円減少した。

 貸付金は自身の資金管理団体への1千万円。借入金は5365万円で4年前より1232万円減った。株式などの有価証券や自動車の所有はなかった。

 報告書は5年間、市総務企画局総務課で平日午前8時45分~午後5時半に閲覧できる。

=2019/04/18付 西日本新聞夕刊=