母と娘の葛藤 医師が分析すると 愛憎 過干渉 嫉妬心… 少女漫画が解決のヒント 西村良二・福岡大教授 「精神科治療に活用」

西日本新聞

「少女漫画は母娘関係を見つめ直すきっかけを与えてくれる」と語る西村良二教授 拡大

「少女漫画は母娘関係を見つめ直すきっかけを与えてくれる」と語る西村良二教授

 少女漫画に描かれてきた母と娘の物語が精神科治療の場でも活用できるとして、福岡大総合医学研究センターの西村良二教授(69)がユニークな分析を続けている。「娘をかわいいと思えない」「母の干渉がすごい」…。診察室に持ち込まれるさまざまな相談やもつれた関係は、漫画の世界にもしばしば見られ「自分の状況を客観視するのに役立ち、解決の糸口になる可能性を秘めている」と話している。

 福岡県八女市で幼少期を過ごした西村さんは、姉と妹の少女漫画を盗み読む中で「闘いや競争を描く少年漫画より人間描写が丁寧で面白い」と感じた。精神科医になり患者に向き合うと、特に女性は母親との関係が影響していると思われるケースが少なくなかった。パニック症状や強迫症状などの現れ方がかつて読んだ漫画を想起させた。

 「複雑な症状を理解するために漫画は有効」と考え、40代から医学生や医師向けの講義や講話で、漫画を用いて親子関係が絡んだ症状を説明し始めた。診察した患者が、ある漫画のある部分に感動したと話せば、それを読み、心理状態を推察した。3月には市民向けにも講演した。

 「アダルトチルドレン」「毒親」などと時代によって形容のされ方は違っても、「母娘間の葛藤の形は、昔から本質的には変わらない」と西村さんは持論を展開する。それが漫画にも表れており、母と娘の関係をテーマにした少女漫画を半世紀前から現在まで追うと、少女から大人の女性になるまでの精神発達のプロセスや、心の回復のヒントが見えてくるという。

 例えば、楳図かずおさんの「ママがこわい」(1965年)や、ちばてつやさんの「ママのバイオリン」(58年)には怖い母親や優しい母親が登場するが、一貫するのは、主人公にとって母親が「よく分からない存在」であること。こうした現象は今の小学校高学年ごろの女児にも見られるという。70年代に入り物質的に豊かになってくると、学園物や恋愛物も目立つ一方、母の愛情に飢えた主人公も登場。自分を捨てた母への報復心と娘への嫉妬心を軸に進む一条ゆかりさんの「デザイナー」(74年)などだ。一方、くらもちふさこさんの「いつもポケットにショパン」(80年)には、自分に冷たいと思い込んでいた母の愛を、母の一言で悟り、主人公が自信を取り戻す場面が描かれ「心を修復する鍵がある」(西村さん)。

 西村さんが、母娘関係の改善に欠かせないとするのが、母娘の心理的分離▽「今の私のままでいい」という自己肯定感の回復▽「完璧な母親はいない」との気付きだ。薦めるのは、母の愛を実感できずに育った女性が自らの子育てでも困難を感じる萩尾望都さんの「イグアナの娘」(92年)と、祖母、母、娘の3世代の関わりを捉えたよしながふみさんの「愛すべき娘たち」(2002年)。いずれも物語の終盤で、主人公が母や祖母のトラウマ(心的外傷)に触れ「母の不完全さ」を知る。

 西村さんは、母と娘がうまくいかない背景には、虐待や過干渉など母の問題があるが、「母なるもの」に執着し続ける娘の課題もあると感じている。「回復には『母はああいう形でしか私を愛せなかった』と母の限界を知り、『私は私でいいのだ』と自尊感情を取り戻す過程が大切。漫画にはそれが描かれている」

 精神科医の中には「しょせん漫画」と軽視する人もいるが、西村さんは「漫画に『これは私の物語だ』と感じ、自分の状況を初めて受け止められた人もいる。小説や専門書以上に患者の心に響く漫画はたくさんある」と力説。もっと多くの漫画の分析を進めることで「近すぎてなかなか冷静に見られない2人の関係を、客観的に捉え直すガイドライン的な役割を、漫画が担えるようになるかもしれない」と期待を込める。

=2019/04/19付 西日本新聞朝刊=