佐賀県内5市町議選21日投票 伊万里、鹿島、基山、大町、江北

西日本新聞

 統一地方選後半戦の伊万里、鹿島の2市議選と、基山、大町、江北の3町議選は21日に投票日を迎える。いずれも即日開票され、深夜には当選者が決まる見通し。5市町で計83人の候補者が68議席を巡って争っており、各候補は最後の訴えに全力を挙げている。

【伊万里市議選】

 伊万里市議選(定数21)には現職19人、新人5人の計24人が立候補し、教育や福祉、産業振興について論戦を繰り広げている。

 老朽化が進む学校施設の整備や教育のデジタル化、高齢者福祉の充実など身近な課題が有権者の大きな関心事。農業振興のほか、西九州自動車道の延伸に合わせた新しいまちづくりや道の駅構想、交流人口の増加を見込んだ観光発展も焦点に、各候補が施策を訴えている。

 投票は21日午前7時~午後8時に21カ所で。開票は午後9時10分から市民会館で。有権者数4万5137人(13日現在、市選管調べ)。

【鹿島市議選】

 鹿島市議選(定数16)には現職13人、元職1人、新人4人の計18人が立候補し、産業振興や人口減対策について論戦を交わしている。

 九州新幹線西九州ルートの暫定開業を控え、同市は高規格道など交通網の整備が大きな課題。各候補者は地域の活力維持へ向け、観光に力を入れて交流人口を拡大する構想や、定住者を確保するための子育て支援策などを訴えている。

 投票は21日午前7時~午後8時に14カ所で。開票は午後8時40分から「のごみふれあい楽習館」で。有権者数2万4350人(13日現在、市選管調べ)。

【基山町議選】

 基山町議選(定数13)は現職12人、新人5人の計17人が立候補している。投票は21日午前7時~午後8時に10カ所で。開票は午後9時から町総合体育館で。有権者数は1万4561人(15日現在、町選管調べ)。

【大町町議選】

 大町町議選(定数8)には12人が立候補し、支持を訴えている。投票は21日午前7時~午後6時に6カ所で。開票は午後7時20分から町スポーツセンターで。有権者数は5647人(15日現在、町選管調べ)。

【江北町議選】

 江北町議選(定数10)には12人が立候補している。投票は21日午前7時~午後8時に町内8カ所で。開票は午後8時50分から町公民館で。有権者数は7949人(15日現在、町選管調べ)。

=2019/04/20付 西日本新聞朝刊=