県議団が原口氏擁立 自民福岡県連会長選へ方針

西日本新聞

 福岡県知事選で自民党推薦候補が敗れた責任を取り党県連会長を辞任する蔵内勇夫県議の後任を巡り、同党県議団(40人)は24日、原口剣生前県議団会長を擁立する方針を固めた。立候補には県連役員62人中20人以上の推薦が必要。県議は全員、役員に就いており、原口氏が立候補に踏み切った場合、自身を除く39人の推薦人を確保するのは確実。原口氏が新会長に選ばれる公算が大きくなった。

 県連所属の国会議員団(13人)は23日、党本部で県連会長選の対応を協議したが、後任を国会議員から選出すべきか県議から出すべきかでまとまらず、25日に再協議することになった。

 県議団は、国会議員の意見が一致すれば意向を尊重する方針だった。しかし、会長選告示は25日に迫っており、松本国寛県議団会長は23日夕、国会議員側に「24日中には県議団独自の結論を出す」と伝えていた。

 知事選では、党推薦候補の擁立を主導した麻生太郎副総理兼財務相が、現職を支援した国会議員らを「造反」と批判。23日の会合では「知事選の敗北は国会議員の責任が大きい」として県議団からの後任選出を主張する麻生派と、山本幸三氏(衆院福岡10区)を推すその他の国会議員らで意見が割れた。県議団幹部は「国会議員の意見はまとまらない」と判断、県議団から候補を出す方針を決めた。

 会長選は26日立候補締め切り。5月11日の県連総務会で選出する。

=2019/04/24付 西日本新聞夕刊=