私はヤ党(東京ヤクルトスワローズファン)だ

西日本新聞

 私はヤ党(東京ヤクルトスワローズファン)だ。社内の人間は大半が、福岡ソフトバンクを支持するタカ派ばかりで肩身が狭い。ヤクルト発祥の地は、ここ福岡市なのに。春先に珍しくセ・リーグの首位争いを演じているのにもかかわらず、紙面では地味な扱いばかりである。

 そんな中、熊本地震の発生から3年の節目に、火の国出身の村上宗隆内野手(19)が前震の14日、本震の16日に決勝本塁打を放った。10代の選手では球団初となる2試合連続でチームを勝利に導き、小川淳司監督に球団史上3人目の通算400勝目(監督代行を含む)を贈った。

 試合後、村上内野手は「野球ができる、感謝の気持ちをあの日からずっと持ち続けています。被災された人たちに勇気を与えられたらと思います」と語った。今秋、ホークスと日本シリーズで対戦し、タカ選手に負けじと、九州を元気づけるアーチを描いてほしい。 (百合直巳)

=2019/04/25付 西日本新聞朝刊=