【動画あり】イワシが群泳「天使の輪」 マリンワールド海の中道(福岡市)

西日本新聞 ふくおか都市圏版

水中で餌をまくと、マイワシの大群が渦を巻くようにダイバーを取り囲み幻想的な世界が広がる 拡大

水中で餌をまくと、マイワシの大群が渦を巻くようにダイバーを取り囲み幻想的な世界が広がる

昨年11月に生まれた雄のバンドウイルカ。母親ハッピー(手前)と一緒に出迎えてくれた 水槽の中をフワフワと漂うミズクラゲ

 開館30周年を記念し、多彩な企画を打ち出す福岡市東区西戸崎の水族館「マリンワールド海の中道」。特別に許可をもらい、外洋大水槽内でのダイビングや未公開の子イルカの撮影に挑んだ。カメラを手に水族館のバックヤードに入ると、海の生き物が普段とは違う表情を見せてくれた。

 水深7メートル、幅24メートルの大水槽では60種2万匹超の生き物がいる。ウエットスーツを着てタンクを背負って大水槽へ。巨大でどう猛そうなサメ5匹が「ゴハンはまだですか?」と言わんばかりに背びれをちらつかせてウロウロ。体をこわばらせながら最深部に潜る。見上げると、餌付けのダイバーをマイワシが取り囲み渦を描いていた。「イワシタイフーン」と呼ばれ、天使の輪が幾重にも重なったようにキラキラと輝いていた。

 アシカやイルカのショープール脇にあるサブプールでは、昨年11月に生まれた雄の子イルカ(名称未定)がお出迎え。体長も1メートルから1・5メートルに成長。力強いジャンプを繰り返し、母親ハッピーが心配そうに見守ることも。早ければ、約半年後に一般公開される。

   ◇    ◇   

 〈メモ〉1989年4月18日開館。3~11月の営業時間は午前9時半~午後5時半。ゴールデンウイーク期間中は同9時半まで延長される。同館=092(603)0400。

=2019/04/25付 西日本新聞朝刊=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ