個性的なビール50種類飲み比べ 福岡市でイベント

西日本新聞 ふくおか都市圏版

全国各地のクラフトビールを楽しむ来場者 拡大

全国各地のクラフトビールを楽しむ来場者

 全国各地の個性豊かなクラフトビールが楽しめる「九州ビアフェスティバル」(実行委員会主催)が、福岡市中央区の舞鶴公園西広場特設会場で開かれ、多くの来場者でにぎわっている。5月6日まで。

 26日に始まったイベントは10周年を迎え、今回は福岡、佐賀、北海道、兵庫、岡山、島根のビール会社計6社が参加し、約50種類を提供。28日も春の陽気の下、来場者はキレ、苦み、香りなど特徴の違うビールを飲み比べるなどして、楽しんでいた。福岡市博多区の会社員石田高志さん(44)は「カボスを使ったフルーツビールは、甘すぎずしっかりした味でした」と話していた。

 午前11時~午後9時(最終日は午後7時まで)。事務局=092(841)6336。

 同会場では、インドやスリランカなどのカレーが並ぶ「超カレーグランプリ」も、同時開催している。

=2019/04/29付 西日本新聞朝刊=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ