輝く日の丸、福岡タワーに

西日本新聞 ふくおか都市圏版

新しい時代を祝い日の丸のイルミネーションが点灯された福岡タワー 拡大

新しい時代を祝い日の丸のイルミネーションが点灯された福岡タワー

 1989(平成元)年に開業し平成と共に歩んできた福岡タワー(福岡市早良区)では30日午後7時、時代が変わる歴史的な日を祝し日の丸をイメージしたイルミネーションを点灯。発光ダイオード(LED)照明2700基を使ってライトアップし雨の降る夜空に浮かび上がらせた。観光で訪れた津市の小学校教員、中村誉さん(23)は「新しい時代を担えるよう子どもたちの創造性を伸ばしたい」と令和に思いをはせた。

 タワー展望フロアでは平成最後の日に出したはがきを5年後の自分や家族に送る「未来ポスト」のイベントもあった。同区の主婦、山口美歩さん(34)は小学1年の長女(6)と3歳の長男、1歳の次女と来場。親子で一緒にメッセージを書きポストに入れた。「子どもたちがどれだけ大きくなったか、はがきで実感できると思う。明るい時代になってほしい」と話した。

=2019/05/01付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ