五月晴れの大空舞う 西日本パラグライディング選手権

西日本新聞

 第29回西日本パラグライディング選手権(西日本新聞社後援)が3日、玖珠町の伐株(きりかぶ)山周辺で開かれ、県内外から52選手が参加。五月晴れの大空に飛び立ち、フライト技術を競った。

 同選手権は、2016年大会が熊本地震直後のため中止になった後、2年続けて悪天候のため開けず4年ぶりの開催となった。競技は伐株山から約2キロの目標地点に、いかに近く着陸できるかを競う種目「ターゲット」で実施。選手たちは、伐株山の斜面を上ってくる風を捉えて、カラフルなパラグライダーを広げてテークオフ。遠く由布岳も望める玖珠盆地上空を舞った。

 主な記録は次の通り(敬称略)。(1)矢次真実(熊本県大津町)(2)石田猛浩(長崎県大村市)(3)徳永浩之(福岡県筑紫野市)

=2019/05/04付 西日本新聞朝刊=

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ