【動画あり】令和最初のどんたく閉幕 福岡市に240万人

西日本新聞

見物客も飛び入り参加して博多どんたく港まつりを締めくくった「総おどり」=4日午後7時すぎ 拡大

見物客も飛び入り参加して博多どんたく港まつりを締めくくった「総おどり」=4日午後7時すぎ

 新元号「令和」の下で迎えた福岡市の「第58回博多どんたく港まつり」は4日、恒例の「総おどり」で幕を閉じた。今年は晴天に恵まれ、主催する福岡市民の祭り振興会によると、2日間を通して昨年より10万人多い約240万人の人出でにぎわった。

【動画】博多どんたくのフィナーレを飾った「総おどり」

 福岡管区気象台によると、4日の福岡市の最高気温は27度で、今年一番の夏日となった。照り付ける日差しの中、どんたくのパレードでは令和と記されたプラカードを掲げて歩く隊も目立った。

 市内5カ所の会場であった総おどりは、古謡「博多カッチリ節」などに合わせどんたく隊がしゃもじを打ち鳴らし、見物客も次々と踊りの輪に加わった。最後は「博多祝い唄」を参加者全員で歌い、「博多手一本」で締めくくった。

 総おどりに参加した松山市の保育士下岡アユミさん(50)は「しゃもじの音が最高。令和のスタートに良い思い出ができた」と話した。

=2019/05/05付 西日本新聞朝刊=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ