北朝鮮、飛翔体数発を発射 新型ロケット砲か

西日本新聞

 【ソウル池田郷】韓国軍合同参謀本部は4日、北朝鮮が同日午前9時6分ごろから27分ごろにかけて、同国東部の虎島(ホド)半島付近から北東方向に数発の飛翔(ひしょう)体を発射したと発表した。飛翔体は70~200キロ程度飛行し、日本海に落下したとみられる。北朝鮮の核保有問題を巡り経済制裁を続ける米国などをけん制した格好だが、国連安全保障理事会の制裁違反となる弾道ミサイルの発射ではないとの見方が出ている。

 北朝鮮は2017年11月29日の新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」発射後、目立った軍事挑発を控えていた。だが、2月末の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長とトランプ米大統領の会談が物別れに終わって以降、米国や韓国を繰り返し批判していた。

 日本の防衛省は「わが国の領域や排他的経済水域(EEZ)への弾道ミサイルの飛来は確認されていない」と発表。飛翔体について、韓国の聯合ニュースは韓国攻撃が主用途の新型放射砲(多連装ロケット砲)との見方を伝えている。

 トランプ氏はツイッターで「正恩氏は北朝鮮の大きな経済発展の可能性を終わらせたりしないだろう。私との約束を破りたくないはずだ」と述べた。

 一方、韓国政府は「非常に憂慮している」と強調。飛翔体発射は、昨年9月に南北が交わした軍事合意の趣旨に反するとして軍事的緊張を高める行為を中断するよう求めた。ポンペオ米国務長官と河野太郎外相、韓国の康京和(カンギョンファ)外相はそれぞれと電話会談し、緊密な連携を確認した。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は正恩氏が4月17日に「新型戦術誘導兵器」の発射実験に立ち会ったと報じているが、兵器の内容は明らかにしていない。

 韓国軍合同参謀本部は当初、短距離ミサイルが発射されたと発表したが、飛翔体と修正した。

=2019/05/05付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ