東峰村に復興支援の観光施設開設 「T-BOLAN」森友さんプロデュース

 「離したくはない」などのヒット曲があるロックバンド「T-BOLAN」のボーカル、森友嵐士(あらし)さん(53)=山梨県在住=がプロデュースした観光ステーション&カフェが、2017年7月の九州豪雨から1年10カ月の5日、被災地の東峰村小石原地区にオープンした。村ではこの日まで「民陶むら祭」が開催中で、多くの人が訪れていた。

 豪雨後、村の復興親善大使に就任した森友さんが、村内の仲間らと取り組んだプロジェクト。「Toho Forest Village Cafe(トーホー・フォレスト・ビレッジ・カフェ)ランプの森~1/fゆらぎ~」と名付けた施設は二つの建物に分かれる。観光ステーションには現在、森友さんが描いた高取焼のデザイン原画などを飾り、7月からは岩屋神社など村の観光名所や魅力を紹介。カフェではコーヒーやホットドッグなどを販売する。

 この日はオープン記念としてミニコンサートも開いた森友さん。「ここを旅のきっかけの場にし、村の素晴らしい場所や自然の豊かさに触れ、心の豊かさにつなげてほしい」などと施設への思いを語った。

 森友さんは、復興支援ボランティアだった三輪沙野香さん(38)=同村小石原=らと知り合い、村との縁が生まれたことで支援イベントに出演。村のファンとなり、今年1月に村から大使に委嘱された。

 観光ステーションとカフェは森友さんの仲間らが運営する。東峰村の渋谷博昭村長(69)も「発信力のほか、人が集まる場所として期待している」と感謝していた。問い合わせはカフェ=0946(74)2055。

=2019/05/06付 西日本新聞朝刊=

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR