高齢者免許返納に感謝状 熊本中央署が県内初の取り組み

西日本新聞

 高齢者の運転免許の自主返納を促そうと、熊本中央署は7日、返納者に感謝状や記念写真をプレゼントする取り組みを始めた。県内では初めてという。

 第1号は熊本市中央区の上田洋信さん(85)。長女理美子さんと同署を訪れ、入り口前でパトカーを背に記念撮影した。

 返納した免許証と写真、感謝状が入った額縁を受け取った上田さんは「いい記念になった。とても光栄です」と笑顔を見せた。高齢ドライバーによる交通事故のニュースを見て「運転には自信はあるけど、怖いと思った」ことから、自主返納を決めたという。

 同署の緒方友幸交通第一課長は「返納した運転者が寂しそうに帰って行く姿が以前から気になっていた。長年運転をしてきた高齢者が、返納時に良い思い出をつくってもらえたら」と話した。昨年、県内で免許証を自主返納した人は5277人で、5年連続増加している。

=2019/05/08付 西日本新聞朝刊=

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ